2013年2月16日土曜日

'13年2月第2週の練習のこと。

 2月の3連休はいつになく有意義なトレーニングが出来たのではないかと思っている。
 まず土曜。久々に覗く青い空がトリガーになり出社前にジョグ。放水路をヨチヨチ走っていると見覚えのあるランニングフォームの方が向こうからやってくる。団塊Ⅱさんだ。二言三言あいさつを交わし再び走り出す。小一時間程度のLSDだったが気持ち良い汗を流した。

 翌日曜は走友会の自主練に参加。会のメンバーがいわきへ遠征だったこともありGOさん、H間さん、N上さんの4名でトンネルラン。ぼくはLSDで8周した。会話をしながらのランは時間が過ぎるのが本当に早く感じる。今年に入り練習会から少々足が遠のいていたが、改めて皆さんと一緒に走る楽しさを感じることが出来た練習会となった。

 そして月曜。この日も再び港トンネルに足を運ぶ。2周ジョグした後、坂を下り登るまでの間でインターバルを入れる。直線が幾分長く感じられる。これを3周。時計としては1往復だいたい14分を切るぐらいだ。そして更にもう5周…と書けたら本当カッコよいのだが 、ぼくはこれで満足して再びジョグ(これが本当の課題なのかもしれない)。そうこうしているとOプロ、ニャーさんの姿を発見。Oプロと並走しながらこの日は7周で終了。ニャーさんを追走しようかと一瞬思いついたが激しく体力を消耗することに怯え、あっさり諦めてトンネルを後にした(やっぱりこいうところが課題なのだ)。 
 午後はプールへ。前日新調したパンツを履いてとても気分がいい。腕の使い方を意識し、脚で体のバランスを取りながら水に逆らわないようイメージして泳いだ。傍から見たら不様なフォームには違いないのだけれど、毎回少しずつ楽に泳げるようになっている気がする。
 雪国独特の幾度となく繰り返されるめまぐるしい天候の変化。風雪の合間、ひと時の青い空から陽射しがプールに注ぐ。ぼくはその青く透き通った水の中をゆっくりと進む。ちょっと幻想的な時間を堪能した会心のスイムだった。

 もう少し続けたい。連休明けの平日は練習の機会を失った。良いペースだったのだが残念だ。金曜は体育館へ。予めインターバル走をやるつもりだった。30分程走ってから、4周を2本、3周、2周を2本と行った。リカバリーは時間にして5分以内。正直に言うと、3本目で気持ちにブレーキがかかりそうになったが、何とか持ちこたえた。この日の追い込み感は半端なかったが、こうしてまとめてみるともっとやっぱり出来るようにならなければと思った。
 今年の練習テーマはインターバル走なのかもしれない。

2/16までの走行距離・・・128km

2 件のコメント:

ファイターズ さんのコメント...

インターバル練はお勧めですね~。
という私はインターバル練はほとんどしてませんが・・・。
走友会の練習会など、複数人で走るときに追い込めたらいいですね。
私の場合は、トレッドミル相手に追い込んでいますよ。(自分の都合に合わせ・・・(~_~;))

Syguns さんのコメント...

ファイターズさんコメントありがとうございます。
2/18の練習会はきつかったです。やっぱり多くの方々と走ると追い込めますわ。