2017年6月27日火曜日

第32回みなと酒田トライアスロンのこと

 まず結果から。
 2時間32分36秒 (スイム27:34 バイク1:14:18 ラン50:45)
 総合66位/完走264人・年代別5位/37人
 スイムとバイクはほぼ予定通り。自信のあったランが不甲斐なく、目標とした2時間半以内の走破に及ばずでした。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 6/25(日)当日。午前3時前に目覚め、やおら身支度に取り掛かる。前日に荷物はすべて車の中に詰め込んで、あと必要なものといえば僕自身ぐらい。
 ふるまいカレーが食べたいから行くという長男と、酒田行きが義務化している家内の運転で夜明けの道を走り概ね2時間、AM5時半には酒田市に到着する。

 良く晴れていたので、僕は途中で車を降りてバイク自走で会場を目指すことにした。街や港は早朝ということもあって車通りは少なく、物静かでひっそりとした雰囲気に包まれている。
 防砂林の上に顔を出す風力発電のプロペラを見ながら会場への道を辿る。酒田港にまぎれ込み、船溜り、積み上げられたコンテナヤード、鉄道軌道を通過。港湾施設の四つ路に立てられた「歓迎・みなと酒田トライアスロンおしんレース」の幟に目を奪われふと気がつけば、ランコースの折り返しの見慣れた道路に出ていた。

 会場で受付を済ませ駐車場へ向かう途中、振り返ると見覚えのある車両が会場へ向かってくるのが見える。ペダルを踏むと背中からアベタケ先輩に声を掛けられる。あーやっぱり、鉄女ママの車だった。2人に挨拶をする。

 トランジションは2ヶ所に分かれていてバイクからラン、次いで2kmほど移動してスイムからバイクのトランジションに荷物をセットする。
 トライアスロンに参加するごとに要領を覚え、過不足なく準備出来るようになった。特に酒田おしんはサポートしてくれる家族のお陰もあって潤沢な準備が可能だった。
 用意を済ませ、僕らは浜辺に移動して大会説明とアンクルバンドの配布を待つ。浜を走る選手がチラホラみえる。僕は手持ち無沙汰もあり、彼らを真似るようにスイムの浜辺を駆けるイメージを想像しながら、砂上を走って時間をやり過ごした。

 スイムチェックが始まる。アナウンスの海水温は20℃、迷わずノースリーブのウエットを選択した。海水の視界の悪さは相変わらずで、入水すると少し冷たい。泳いでいれば気にならない、そう思うことにして浜に上がる。
 促されるように飲料水を口にしながらスタートを待った。レース直前のほどよい緊張感は嫌いではない。深く息を吸っては吐き、迅る気持ちを落ち着かせる。

 そうして、レースは幕を開ける。AM8時32分、僕は第2ウェーブでスタートした。
 スイムのコースは直角三角形のような形状をしている。前から2列目のほぼ真ん中。バトルを受けて立つつもりでその位置を取る。
 スタート直後からしばらくの間なかなかのモノだったが、200m程先の1つ目の角のオレンジのブイを折れ、向正面に出るとそこからはほぼノープレス。僕は外めにコースを取り、2つ目のオレンジのブイを目印にして水をかいた。
 息継ぎをするたびに、塔のようにそびえる風力発電機が視界に入る。今年もまたここを泳いでいるんだなぁと思うと不思議に気持ちが落ち着いた。コースの外側、距離的なロスは生じるが自由に気持ちよく泳ぐことを優先する。

 明らかに波を感じる場所に差し掛かり、今期のスイム教室で先生から教わったドッグスカーを意識した。出来れば波の流れに逆らいたくはない。ちょっとでも楽に泳ぎたい。プルのイメージは浅め。肘を立て、かいた水を身体に引き寄せて2軸上に乗せて最後までプッシュする。この反復で泳ぎに力みが抜ける。
 2つ目のブイを折れると、浜辺のピンクのブイが目標になる。ここではかき手数をちょっと我慢してストレッチングタイムを伸ばすことを意識する。こんな風に1周目は泳ぎながら修正をかけていった。

 2周目に安田大サーカスの団長さんに気がついた。しばらく彼と並んで泳ぐ格好になったが接触することがしばしばあったので振り切った。
 ブイを折れて向正面へ。1周目はコースロスが大きい気がしたので内側に入るように意識する。2つ目のブイまでは2ストローク1ブレスで1ストローク目の距離を伸ばすようにして、泳ぎが単調にならないように工夫をした。
 浜まではかき手のピッチを上げ、最後は全力泳へつなぐ。ギリギリまで泳いで立ち上がると、重力に晒された身体はやたら重く、砂浜に脚をとられる。よろけるように浜を駈け上り、デジタル時計の29分台の表示を目にして安堵した。


 乗車ラインを超えてバイクに跨る際、予めペダルに装着した靴を履くのに手こずってしまう。焦る気持ちを抑え、まずは気持ちよくペダルを回すことに努める。
 昨年は、ハナっから力んでしまいスピードに乗るのにてこずった。その経験からこの継ぎを滑らかにすることが、僕のバイクパートのクオリティーを上げる重要なポイントだと考えた。頑張るのはペダリングに身体が順応してからでよいのだ。たとえ後続に抜かれても焦らない。ちょっと重く感じるギアを回しながら補給を入れ、やんわりピッチを上げにかかった。ハムに力が入る。それは僕にとって良いときのペダリングの兆候だった。


  バイクアップの目標は72分(トランジション抜き)。按分すれば1周辺り24分。
 1周目の復路からはサイコンを経過時間の表示に切り替える。1周目は25分、2周目は48分と予定通り。
 DHバーで随分楽をさせてもらった。これは今シーズン、ブリ男さんからプレゼントされたものだ。今では僕のバイクに欠かせないパーツの一部だ。それとゆーサーモンさんから所有権が正式に譲渡された伝説のサドルも・・・。

 風は、往路は一部を除きほぼアゲインスト。復路がフォロー。風の影響はざっくりそんな感じだった。
 力のある選手は、向かい風をものともせずにグイグイと進んでいく。例えば女子総合優勝の小林恵さんが良い例だ。向かい風の直線で、彼女に事もなく抜かれた時にはっきりと力量差を痛感した。しかも彼女、左肩を故障してたんじゃなかったっけ?
 3周目の復路、折り返しを過ぎた辺りから左の足首の内側に痛みを感じる。いつも以上に頑張りすぎてアンクリングが入ったのか、左右のペダルバランスの問題か。ただ例年いつも感じていた背中や腰回りの筋肉の痛みはなく、その点は朝のペダル練の成果かもしれない。
 フォローの風が背中を押す。ランを意識して息を整える。サイコンの時間表示を見ながら降車ポイントへ。目標からはちょっとだけはみ出したが、スイムに続いて上手くクリアできたと思った。

 トランジションではバイクラックを一列間違うという痛恨のミス。昨年はバイクの掛け方を指摘され修正を求められた。今年はセッティングの際にマーシャルにバイクの掛け方を確認し、その点は大丈夫だったのだが…。
 ラン支度を整えコースへ向かう。トランジションを抜けるその途中、今回リレーのスイムパートに招聘されたH澤さんから声援をもらう。バイクの折り返し地点と言いここでも!仲間からの声援は励みになり、気が引き締まるものだ。

 ランコースへ。感覚的に脚が上がらない。けれどこれはブリックランを何本かやっていたので折り込み済み。オーバーペースにならなければ時間の経過でコントロールが効くはずだった。
 勢いに任せた入りの1kmは4分40秒。今回のレース、実はここまでほぼ予定通り。そして、じわっと4分半に近づくようにペースを上げて行く計画だったのだが・・・。
 以降が全然ダメ。左の足首が踏むたびに痛むのが気になって仕方ない。もしかすると、まさかのリタイヤ?これ一瞬、本気で脳裏を掠めた。それほどに左足首が気に掛かかってしまう。家内にはランで飛ばすからねー、と宣言するほど自信のパートだっただけにまさかの失態。今思えば悔しくて仕方がない。
 落ちるペースに歯止めが利かず、1周回の手前にいた家内に思わず、足が痛くて上がんなーい、と泣き言を言った。

 2周目の周回ゾーンでリレーのKさんと併走し声援を貰う。このときも左の足の感覚にほとほと参っていた。周回コースなのでアベタケ先輩はじめ、ジョーさん、恵さん、鉄女ママ、皆とすれ違い声を掛け合う
 このままではイカン、なんとかせねば。
 どの辺りでかはっきり覚えていないが、脚を前に出そうとする意識が強すぎかと思い、着地イメージを修正する。すると6km通過、2周目の後半で僅かにペースが上向き、かろうじて5分を切る時計がでた。足首の痛みは和らぎいける感じになってきた。

 3周目はそのペースをキープ、いやちょっとでも上げるつもりでピッチを意識した。重心着地、腰を高くキープ。頭を下げてアスファルトに視線を落とし走ることに集中する。フィニッシュはもうすぐそこ。なんであれいつも通りに走ればよいのだ。


 計画通りとはいかなかったけれど、久々のPB、笑顔でフィニッシュ!
  
エイジ2位のアベタケさん、女子総合優勝の恵さんと


年代2位の鉄女ママと

 ふるまいカレーを家族で美味しく頂いた後、トランジションの始末をして自走の準備をする。
 アベタケ先輩には、余力を残すからダメなんだぞー、とド正論を突きつけられ、その件につきましてはゴニョゴニョ・・・おっしゃる通りでぐうの音も出ません、反省します、気をつけますと心の中で何度も反芻する。

 帰路は村上トライアスロンクラブのトレインに乗っかって村上市を目指す。僕を含めた6名にサポートカー付きという万全な体制だ。やんわりいくよーと、I藤さんから伺っていたけれど、それはまったくの偽りで、とんでもない超特急。
 112号線、海岸通りに出ると列車は更に加速する。付き位置で皆さんから引いて頂き、ふるまいカレーも効いてきて体力は蘇る。
 新潟県境に近づくにつれ雨がポツポツ降ってきて、トライスーツ1枚の僕はパンイチとなんら変わらず、動いてないとちと寒い。
 勝木のコンビニから村上へ向かう途中、笹川流れでエネルギー切れを起こしそうになり、桑川の道の駅で急きょの補給を挟んでPM4時、村上体育館に到着。
 酒田から102km。実走時間3時間十数分。

 雨は降ったり止んだりで、帰路を心配してくれたI藤さんが車を出してくれて、村上市体育館から自宅まで送って頂くという、ありがたいサポートを頂戴する。
 帰宅してからは碌に確認していなかったリザルトが気になり悶々としつつも、チョー楽しかったぁ!を連呼していたら、それ何度目?と家内に厭きられる。

 翌日。お昼にレースのリザルトを覗き、思わず声が出る。
 たとえ分母が少なくても1桁順位とはいいものだ。来年へのモチベーションがグッと上がり、すぐさまアベタケ先輩の台詞が頭の中をグルグル廻る。ムムム、確かに間違ってたかも。するといくつも頭の中で疑問符が湧き上がる。
  志向の変化を促すチャンスをくれた、4度目のみなと酒田トライアスロンでした。(了)




0 件のコメント: